沖縄 慶良間諸島 座間味島のダイビングショップ
住所 沖縄県島尻郡座間味村字座間味西原415-6
TEL  098-987-2775
トップページ ショップ案内 アクセス 予約・問い合わせ 更新履歴 リンク
ダイビング ダイビング Log ホエール
ウォッチング
ホエール
ウォッチング Log
フォトギャラリー 掲示板
       Whale Watching

ザトウクジラ

沖縄 慶良間諸島 座間味島で 「ホエールウォッチング」 をしてみませんか !!

ホエールウォッチングのシーズンは、1月〜3月です。
毎年12月〜4月までの間、沖縄・座間味海域に、ザトウクジラが繁殖・子育てのために帰ってきます。
体長13m〜15m、体重約30トンにもなる、ザトウクジラの迫力あるアクションをお楽しみいただけます。
宮平寿夫は、ザトウクジラが座間味海域で確認されだした1985年ころより、32年間ホエールウォッチングに関わってきた一人です。
1991年「座間味村ホエールウォッチング協会」が発足、協会の自主ルールに基づきホエールウォッチングを実施しています。

2008年のクジラ達 1月 2月 2008年のクジラ達 3月 4月
(各写真の右上にあるグレーの三角をクリックすると、鮮明な写真を表示します)


初めから 1分間
953KB

[1]のつづき 3分間
2.77MB

[2]のつづき 3分間
2.79MB

[3]のつづき 2分間
1.93MB
クリックしていただくと、ザトウクジラの歌を聴くことが出来ます。 2頭が歌っています。

ホエールウォッチング船は、天候・海の状況が良い時に出航します。
100%ウォッチングできるとは限りません。 ご了承のうえ乗船してください。
2時間コース ホエールウォッチング】 Fee for Whale Watching boat tour
  2時間コースの料金です (最少催行人数 2名)
   大人料金 (中学生以上) 5,000円/1人 (税別)  
   小人料金 (6歳以上の小学生) 2,500円/1人 (税別)  
2時間コース ホエールウォッチングのスケジュール】
09:00〜09:50  那覇・泊港北岸より 「クイーンざまみ」出航 〜 座間味港着
09:50〜10:30  港にてスタッフが、お待ちしています。
 ホエールウォッチング乗船名簿記入
10:30〜13:00  ホエールウォッチング船に乗船、出港
 ホエールウォッチング
 ホエールウォッチング船帰港、下船、終了
13:00〜16:20  フリータイム
16:20〜17:10
(冬期ダイヤ)
 座間味港より「クイーンざまみ」出港 〜 那覇・泊港北岸着
1日コース ホエールウォッチング】
  料金 10,000円/1人 (税別)  (最少催行人数 2名)
  9:00出港〜16:00帰港 昼食は付いていません
  出港時間は、お客さまのスケジュールに合わせる事が可能ですから、ご予約の際にご相談ください

   (参考) クイーンざまみの1便で来られる場合
         座間味港到着が9:50となりますので、10:30の出港になります。
サンセットコース ホエールウォッチング】
  料金 6,000円/1人 (税別)  (最少催行人数 2名)
  16:30出港 約2時間
【ホエールウォッチング船の予約方法】
  1 ホエールウォッチングを実施しているショップに、直接連絡して予約する。
  2 座間味村ホエールウォッチング協会に、船の手配を依頼する。
     希望の船、ショップがあれば予約時に伝えてください。
    フェリーざまみによる、ホエールウォッチングも受け付けしています。
【参考サイト】 商用サイトからのリンクは禁止になっているので、URLを書いておきます。
  久則庵 (漫画家 岩本久則さんのサイトです) 
    http://www24.big.or.jp/~kyusoku/
  No2 座間味へ女が泣きにくる (機内誌に掲載されたようです)
    http://www24.big.or.jp/~kyusoku/whaletxt.htm#onna

【座間味村のホエールウォッチング】
 広い海原では、出航したからといって、ザトウクジラを見つけられるという訳ではありません。
 座間味村のホエールウォッチングは、座間味島の北側にあるクジラ展望台から始まります。
 双眼鏡を使って、海面に浮上したザトウクジラのブロー(息)を探します。
 ブローを見つけたら、その場所まで無線を使って、ホエールウォッチング船を誘導します。
【ホエールウォッチングの注意点】
 冬の海は、波の高い日も多いので、乗り物に弱い方は酔い止め薬を早めにお飲みください。
 スカート・ハイヒール等はなるべく避けて、動きやすい服装で乗船してください。
 海上は風があり寒いので、防風・防寒のできる服装で乗船してください。
    (ウインドブレーカー、携帯用のレインコート等を持参していただくと効果があります。)
【ホエールウォッチングの海域】 Whale Watching sea area Map
   ザトウクジラをウォッチング出来る、主な海域を表示しています。
   稲崎展望台外地展望台から、ザトウクジラのブロー(息)を探しています。
ホエールウォッチングの海域


【協会の自主ルールを転載しています】
座頭鯨について (座間味村ホエールウォッチング協会)
座間味村ホエールウォッチング協会自主ルール
                                          平成15年1月30日改正
 1 目 的
    このルールは、座間味村周辺海域においてホエールウォッチングを行う際に、大切な自然
  資源である鯨類の行動を妨げないと共に、ザトウクジラの繁殖海域を保護することを目的とし
  て、座間味村ホエールウォッチング協会(以下、協会)が自主的に制定する。
 2 ホエールウォッチングボートとルールの拘束関係
   (1) 協会会員ボートは以下のルールを守る義務を有する。
   (2) 協会会員以外のボートには以下のルールを守るよう協力を求める。
 3 ルール適用海域
    このルールは座間味村各島沿岸10マイル以内の海域において適用する。
 4 ルール適用鯨類
    このルールは、ヒゲクジラ亜目及びマッコウクジラに適用する。
 5 船舶(ヨット・カヌー等の動力船を含む)ルール
   (1) 減速水域:対象鯨より300m以内を減速水域とし、以下のルールに則る。
       @ ホエールウォッチングボートは減速して接近する。
       A 対象鯨の進行方向を妨げるような操船をしてはならない。
       B その他、現在進行している行動を妨げるような操船をしてはならない。
   (2) 侵入禁止水域
      対象鯨より100m以内を侵入禁止水域とし、以下のルールに則る。
       @ ホエールウォッチングボートはこの水域に侵入してはならない。
       A 対象鯨が親子の場合、侵入禁止水域を500mとする。
       B 対象鯨から接近してきた場合は、低速で離れるか、停船状態とし、侵入水域から
          脱するまでこの行動をとる。
   (3) 隻数と時間の制限
       ホエールウォッチング時において、ウォッチングボートは、以下のルールに則る。
       @ 1頭または1群の鯨に対してウォッチングボートは3隻までとし、2時間を越えては
         ならない。 4隻以上になった場合は進入禁止水域を200m以内とし、1時間を越
         えてはならない。
       A 親子鯨に対しては、30分以内とする。
   (4) その他禁止行為
      適用海域全域に於て、以下のルールに則る。
       @ 海面遊泳を含んだ、海中でのウォッチングをしてはならない。
       A 海中に鯨類の鳴音及び類似音を発してはならない。但し船舶が発する通常の
         動力音は、この限りではない。
 6 特例規程
    非営利で、教育・調査・研究等で上記ルールによらず対象鯨類に接近する場合は、事前
    に計画書を提出し、協会の許可を受けなければならない。
    尚、特例許可船は、所定の特例旗を掲げることとする。
 7 その他
    その他、必要な事項は協会規則委員会において定めるものとする。


トップページ ショップ案内 アクセス 予約・問い合わせ 更新履歴 リンク
ダイビング ダイビング Log ホエール
ウォッチング
ホエール
ウォッチング Log
フォトギャラリー 掲示板